子宮卵管造影検査の痛みは?費用は?体験レポ!

こんにちは、サラミです。

今回は子宮卵管造影検査についてまとめてみました。

子宮卵管造影検査で一番気になるのは「痛いのか!?」ってところですよね。

わたしも検査を受ける前は恐怖でしたが、実際は…?

わからないことが多いと恐怖が増長してしまうので、わたしの体験を読んで少しでも子宮卵管造影検査について知って、恐怖を和らげてもらえると嬉しいです。

もちろん素人の体験談による情報なので、不安なことなどは検査を受ける前にかかりつけの先生に相談してくださいね!

子宮卵管造影検査とは?

子宮卵管造影検査とは子宮の大きさ、形、子宮内膜の異常、卵管の通過性の有無などを知るための検査です。
通常、生理終了から排卵日までの期間に検査を受けます。

この検査を受けることで卵管の通りが良くなり、検査の後6か月は妊娠しやすいゴールデン期になるといわれています!!

子宮卵管造影検査を受ける前に必ず感染症、甲状腺、クラミジアの検査が必要です。
これらの検査は、不妊治療専門クリニックなどへ通われている方は初診検査に含まれていることが多いようですよ!

ちなみに妊娠している可能性がある場合は子宮卵管造影検査を受けることができません!
生理が終わってから排卵までの間で必ず避妊して検査を受けてください。

わたしは検査を受けるまで知らなかったのですが、子宮卵管造影検査はレントゲン検査なんですよね!
赤ちゃんを迎えるために受けた検査で赤ちゃんが被ばくしてしまうとか考えると((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

わたしの通う不妊治療専門クリニックでは、検査3日前からガスオール(腹腔内のガスを消化吸収させる)というお薬を処方されました。

子宮卵管造影検査を受ける時の服装は?

子宮卵管造影検査は下半身裸で受けました。

受付が終わると鍵を渡され、1~2畳程度の着替え室に案内されました。

下は下着まで全部脱いで、用意されたバスタオルを巻きます。
上は自分の服で受けるのでワンピースはやめましょうね。

靴は脱いで用意されたスリッパへ履き替えるので何でもいいと思います。
靴下は履いていても大丈夫でした。

着替え室に荷物を置いて鍵を閉めて、いざ出陣!!!

<漫画>子宮卵管造影検査いざ体験!

もうね検査前にネットでいろいろ調べて「痛い!」と聞いていたので震えるほど怖かったです(笑)

高めの診察台だったので踏み台が用意されていました。

バスタオルを開いて寝ころびます。
イラストでは黒くしていますが、実際は下半身スッポンポンです(笑)

子宮口の向きがよくなかったのか、摘まれて直されました。
このときズキン!としましたが、生理痛程度を1回だけだったので耐えられる痛みでしたよ!

頭の中は「怖い!痛い!」でいっぱい…。

いつ痛みが来るのかと思うと怖くてたまらなかったです。
深呼吸しなきゃ!リラックスしなきゃ!!と思えば思うほどド緊張!!

結局痛かったのは1回だけで、あとは何も感じませんでした…。

病院によっては検査前に鎮痛剤を飲むこともあるそうなんですよね…。
痛みに弱い!怖い!という方は鎮痛剤を出してもらえるか先生に相談を!

恐怖のせいで気分が悪くなる人もいるそうですよ…。

子宮卵管造影検査の費用は?

検査予約時に予約金として7,000円

検査当日に9,830円

子宮卵管造影検査費用は
合計16,830円

これは安いのかな?高いのかな?
これで妊娠しやすいゴールデン期を手に入れることができるなら安いと思えるかぁ…。

子宮卵管造影検査を受けた周期は妊活できる?

1周期もムダにしたくないと考えるわたしたちにとって、子宮卵管造影検査を受けた周期に妊活ができるのかは重要なポイントですよね!

子宮卵管造影検査を受けた周期からタイミング療法、人工授精を受けることができます!

ただし!わたしの通う不妊治療専門クリニックではOKといわれていますが、他院ではNGといわれることもあるそうなので、必ずかかりつけの先生に確認してくださいね。

最後は自分の判断次第です!わたしはもちろん妊活しました☆

あとがき

サラミの子宮卵管造影検査体験レポはいかがでしたか?

いろいろなサイトをみて恐怖に青ざめている方もいると思いますが、わたしみたいに大丈夫だったよ!という人も多くいるんですよ。

きっと難しいと思いますが、できるだけリラックスして挑みましょう!

だって痛いかどうかは受けてみないとわからないんですもん!
わたしみたいに「痛いかも!」ってムダに怖がってガチガチになって受けてもいいことないよ(笑)

子宮卵管造影検査を受ければ多数の方がゴールデン期を手に入れることができます!
それを励みにがんばろう!!

タイトルとURLをコピーしました