AMHアンチミューラリアンホルモン検査で卵巣年齢を調べました!

妊活をはじめて約1年が経過したころ、わたしはAMH(アンチミューラリアンホルモン)検査というものを知りました。

なんとこの検査では卵巣年齢が判るんです!

え?卵巣の年齢?どういうこと?
…って、知らない人はなりますよね(笑)

簡単に書いてしまうと、自分の中にどれだけの卵子が残っているのか!
今後排卵する期間(妊娠できる期間)が長いのか!短いのか!?を知ることができる検査です。

この検査を受けることで以下のように今後の妊活プランを考える参考にすることができるんですよ。

・AMH検査の結果、卵子が残り少なくなってきている可能性があると判明!?
  ↓
・つまり今後排卵する期間が短い可能性がある…。
  ↓
・だったらさっさと体外受精を考えるか!

検査ってなんだか痛そうだし高そうだしで怖かったんですが、わたしはこのAMH検査を知ってすぐに受けてきました!

だってAMH検査しちゃう…アラフォーだもン

だってわたしアラフォーだもン!
(元ネタがわからないお若い方すみません…)

妊活がんばってるけど全然妊娠できない…もしかして卵子の在庫もうないからなの!?
と、とにかく不安でいっぱいだったんです!!!


わたしがAMH(アンチミューラリアンホルモン)検査を受けたときのお話です。

ちなみにAMHの数値が高いから妊娠できる、低いから妊娠できない、という単純なものではないようですよ!

AMH(アンチミューラリアンホルモン)検査を受けたい
検査は採血でできます

AMH検査は採血で簡単に検査できるんですね!
予約してからだと思っていたので、すぐに検査してもらえてうれしかったです♪

AMH検査結果は一週間程度ででます

AMH検査とは関係のないお話しなんですが、血管に刺される注射は「痛い」というより「恐怖」って感じがしませんか!?
自分の大切なところを傷つけられる!という恐怖…。

血管がみつかりにくいタイプのようで、いつも右腕出して~左腕出して~とスムーズに採血してもらえないことも恐怖の要因かな?

血管刺されるときはいつも遠くの方へ意識を飛ばしています(笑)

まぁ肩近くに刺されるHMG注射ももちろん痛いんですけどね…。

AMH検査は実費で9,440円

卵胞のチェックやチラージン(甲状腺に問題があるので…;)の処方箋料が入って合計13,630円でしたが、その内AMH検査は実費で9,440円でした。


以上がわたしのAMH(アンチミューラリアンホルモン)検査の体験談です。

とにかくね…

検査は採血だけなのでとっても簡単でした

めっちゃ簡単だった♪ってことをお伝えしたい!
検査料も1万円くらいなのでかわいいもんです。

検査結果は約1週間後といわれましたが、採血から5日目で結果が出ましたよ♪

妊活していると検査!ステップアップ!痛い!辛い!!
どれも高額でお金がぁあぁぁ…(涙)

ってことが多いんですが、AMH(アンチミューラリアンホルモン)は採血だけなので、気になっているけどまだしていない…という方は先生に相談してみるのもいいかもですよ!

タイトルとURLをコピーしました